私もまじめに

小学校から高校までピアノを習っていました。長く習っていたわりには家でまともに練習しないで来てしまいました。チェルニー30番をたとえフィニッシュ出来たものの、教員のクチコミは甘かった。チェルニーって簡単な音符が並んでいるので弾こうって思えば弾けますが、悩みは度合です。限度ペース通りに弾くと指がおかしくなるぐらい度合が素早いのです。僕はチェルニー30番をじりじり弾いて教員に丸を頂けていました。ですから、はやく弾けないのが恐れなのです。ユーチューブでチェルニー30番のプレーを見ると、小学校ぐらいの輩が限度ペースを守って弾いていてすごい。それでいて指使いもエレガントだし、メロディーの粒まで揃って嬉しいプレーだ。私の女房の近くにピアノを教えていらっしゃる教員がいるんだけど、小さい頃からピアノを通していれば自然と手首のやり方を憶えられて、苦労しないで楽譜を読めるようになると言ってました。私もまじめにやっていればその輩のように弾けたんだというといった、なぜやらなかったんだって過去の自分のピアノとの向き合い方を反省してしまう。少ない瞬間ほどは伸びないかもしれないけど、大人になった現下、やっぱはじけるようになりたい。ですから現下、指が回らなくてもチェルニー30番を真面目に弾いてある。約一月弾いてきてわかったことは、ある程度やれば幾らかペースをあげてはじけるようになった曲もあるが、とある特定の曲だけは一向にペースがあがらないどころか、じわじわ弾いても錯覚ばっかりしてしまうについて。任意整理 個人再生 東京都台東区 相談 弁護士